生命保険比較年収の何%が妥当か?

【生命保険の保険料は月給の何%ぐらいが適当なのか】よく生命保険の月給は年収の2割程度が望ましいと聞くことがありますが、いったいそれは本当なのでしょうか。
この金額はどう聞いても高すぎると思えるため、素直には頷けない人は多いのではないでしょうか。
それもそうでしょう、もしこの説に従うとすれば、月給が30万円なら6万円も保険料を支払わなければいけないことになり、どう考えても無茶です。
月給30万の人はまだしも、その半分の15万円の人の場合なら3万円にもなるのですから、これはもう酷である他の何者でもありません。
これでは保険のために生活が成立たなくなるではないですか。
まあこうした説は生命保険会社の営業トークで語られるのでしょうが、どう聞いても少し無理があるようです。
では年収に対する保険料の割合はどれぐらいが望ましいかと言えば、これはもうケースバイケースでしょうが、もし理想的な形を知りたいなら保険ゲートのような保険見直しのためのサービスを使って調べてみるといいでしょう。
生命保険見直しのコツとは?【死亡保障・医療保障の決め方】